はじめに

夫の『胸の辺りが・・・痛い!』をきっかけに、ゆるくなっていた糖尿病用の食事療法の見直しが始まった。
毎食の記録はブログでしようと 書き始めたのが去年の初夏。
後で参考に出来るようなブログにしたい、そうは思うもの現状は難しい。
私の技量では、表もはめ込めないし・・・

一年で夫の血糖値は今までに無く下がり5.6~6(HbA1c)。←2018年現在表記法変わり6~6.4(HbA1c)
夫の場合、食事の優劣が数字に見事に現れる。(結構それが面白くもあるのだが・・・ちょっとないしょ)
いろんな意味で考えさせられます。ただ、1品単位でのカロリーつきレシピはどこでも手に入りますが、
1食単位や1日単位の食事で栄養価のバランスとカロリーを満たしたレシピは探してもなかなかありません。結局自分で作ったものを綴るのが後日の為になると考え
ブログで綴っていくことに!

なかなか一目瞭然のレシピ帳とはいきません。
現状ではこんな形でしか記すことが出来ずにいます。

ともあれ糖尿病食=健康食
下記のことを考慮しつつ、1600kcal/1日 の食事計算の中で、1食400kcal~500kcalを目処に作っています。


スタイル
一食をワンプレートに配することは後片付けも簡単ではあるのですが、
少量に見えることから食べるスピードは勿論速くなり、満腹感も得られません。
やはり食膳のスタイルは一汁3菜を基本にお皿が並び或いはもう少し広げる(分散させる)ことで
満腹感を得られるように努めています。実はこれ、小さなお子さんのお膳にも通ずる大切な心掛けかと思っています。(自然な食育)
日本の食文化は大変優れています。、一汁三菜この型にあてはめて行くことは、
バランスのよい健康食(糖尿病食)を作る上では合理的。


1、汁物   (健康的に野菜の実だくさん汁になる。但し和では塩分の摂りすぎに注意。 洋物はスープ) 
2、ご飯   
3、主菜   (蛋白源中心 プラス野菜で焼き物等)
4 副菜大  (おひたし等 野菜の煮物・炒め物等)
5、副菜小  (酢の物中心)
※主菜と副菜大は調理のスタイルに変化をつけます。(焼き物・揚げ物・煮物を組み合わせる)
d0154679_1440687.jpg


バランスよい食事
糖質制限食等もちょっと魅力的ではあったのですが、考えに考えて、やはりオーソドックスに作ることにしました。
そして、このバランス食は体に見合った一日の摂取カロリーを算出後、80kcal=1点法を利用して、各栄養素にこの点数をばら撒いたもの。 日本では古くからとられた方法です。

我が家の場合
1600kcalを以下の通り分配。 夜  色分けして点数を表示しています。



  1日摂取点数
表1 穀 類 3 4 4 11
表2 果 物 (1) (1) (1) 1
表3 肉魚チーズ  1 1 2 4
表4 牛乳類 (1) (1) (1) 1
表5 油 脂 (1) (1) (1) 1
表6 野 菜 0.3 0.3 0.4 1
   調味料 (1) (1) (1) 1
        20
        (1600 kcal)





作り方
作るもの決めてカロリー計算はしません。
メイン作りたいものをを考えながら点数に見合う食材をテーブルに用意します。
野菜はこのとき主菜・副菜大・小 使用する分全てを考え、トータル200g(2人分)以上になるよう用意します。
そして糖質の多いお芋やかぼちゃ豆類(大豆以外)などは野菜ではなく、あくまで糖質と考えて、ご飯との調整を考慮します。
テーブルに広がった野菜を見ながら、副菜を考えて行きます。
最初はちょっと大変ですが、おひたし一品とか、酢の物一品その中から作ると思えばイメージわいてきます。
先ずはそこから始まります。


食べる順番
1日最低300gの野菜摂取です。特に繊維質の多い野菜に関しては、
毎食最低100gの野菜は欠かせません。
折角バランスよいお食事は、食べ方にも注意します。
サラダやおひたし等、お野菜等、先ずは繊維質のものをいただきます。繊維質を沢山摂ることは血糖値の上昇を抑える戦法。

そして、スウィーツなど、どうしても食べたい時ってありますよね。
そんなデザートは、お食事の最後に続け、単独での「おちゃ」は避けています。

そして、食事と食事のインターバルは最低3時間
これが問題になるのは休日。
睡眠をむさぼりついついお寝坊になる休日。
へたすると朝・昼一緒つまりブランチになったり、 朝に続けて昼食なんて事もありました。
これはやはりNGで、食事のインターバルは特に要注意。 

以上2010.4.末 記載


2014.9 追記
2013年3月からクレアチニン数値が微量上がり気味
これに伴い、1日48gタンパク制限を行うことになる。
しばらくはタンパク量を気にしながら糖尿病食食品換算表を使用し続けるが、
9月より加えて、食品成分表からの計算を追加(エクセル使用)。
糖尿病食食品換算表も従って少々訂正あり。



 1日摂取点数
表1 穀 類4412
表2 果 物(1)(1)(1)1
表3 肉魚チーズ11
表4 牛乳類(1)(1)(1)1
表5 油 脂(1~2)(1~2)(1~2)1~2
表6 野 菜0.30.30.41
   調味料(1)(1)(1)1
    20
    (1600 kcal)


★あくまでも個人的経験値であります。


ポチッといつも有難うございます。 
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
 mytaste.jp

このようなことに留意し食事作りに励む毎日です。
日々のblogはこの後から始まります。




[PR]
by mellinda | 2018-05-30 20:17 | Comments(3)

ちょっとBREAK


ブレイク

黒豆の蜜を絡めたきなこ餅
お気に入り



d0154679_19472780.jpg





blog機能がね・・・
ちょっとした表がバラバラになるの
こまったな
このままベータ版に移ってしまったら
こまる
本格的に表はめ込みができるblogがあるならば
お引越し?



[PR]
by mellinda | 2014-01-26 22:34 | Comments(0)


今朝のスープ

ブイヨントマト仕立て
具は大根と人参のいちょう切り、トマトと貝割れ大根
d0154679_1145277.jpg


小さなフランを焼いた
パンはポー〇のクロワッサンとサツマイモとセザミ入りのパンを定量
フルーツはノニジュース
d0154679_1115179.jpg


野菜は葉物が欲しかった食膳

(1人前)
1穀 類 3 パン(2)   
2果 物 (1) ノニジュース(0.5)
3肉魚チ 1  卵1/2個(0.5)  チーズ5g(0.25)
4牛乳類 (1) 牛乳10cc(0.91)     
5油 脂 (1)  生クリーム5cc(0.18) バター2g(0.2)
6野 菜 0.3  大根・人参・貝割れ大根・トマト、玉ネギ、あおネギ、パセリ 計100g(0.33)  
7調味料 (0.6)      
単位4.87点
390kcal









ポチッと有難うございます。
いつもあなたの1クリックが励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ


[PR]
by mellinda | 2012-03-29 12:03 | Comments(0)

筍シーズン到来


************************************************

2012.3.22  朝
雑炊
d0154679_0101680.jpg


塩麹に漬けた鶏胸肉の焼き物
d0154679_0102137.jpg


 ヨーグルトを添えたお膳
d0154679_0101066.jpg


(1人前)
1穀 類 3  白米30g(1.5) 紫芋30g(0.5) 
2果 物 (1)
3肉魚チ 1  鶏肉60g(1)
4牛乳類 (1)  ヨーグルト(0.7)    
5油 脂 (1)  胡麻(0.1) 
6野 菜 0.3  大根・人参・アスパラ・え胡麻・ネギ 計100g(0.33)  
7調味料 (0.6)コチジャン・塩麹(0.15)      
単位4.28点
342kcal




***********************************************

2012.3.22  夜


タンドリーチキン
d0154679_185239.jpg


筍ご飯
d0154679_0135352.jpg


お豆腐と青菜のお澄まし
d0154679_16774.jpg



切り干し大根添えたお膳
d0154679_0134781.jpg



(1人前)
1穀 類 4 山菜と筍のご飯(3)    
2果 物 (1)
3肉魚チ 2  鶏肉120g(2) 豆腐30g(0.3)
4牛乳類 (1)  ヨーグルト((0.2)    
5油 脂 (1)  植物油小さじ1/2(0.15) 
6野 菜 (0.4)  筍・シメジ・ネギ・蕨・もやし・人参・え胡麻・大根・人参 計100g(0.33)  
7調味料 (0.6) タンドリースパイス(0.15)     
単位6.13点
490kcal






ポチッと有難うございます。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ

[PR]
by mellinda | 2012-03-23 00:22 | Comments(0)

これにはわれながらちょっとした驚き。
そして、いままで、ず~っとヘンケルと呼んでいた。
これはちょっとした認識不足で詳細下記してみました。

とにかく、お料理をする上で包丁は私にとって命
切れ味悪い包丁は
キッチン預かるものとしては大NGです。

ちょっとこだわりがあって、鋼の包丁・小型の出刃・ステンレス包丁
この3本が基本

そして、このステンレスの包丁は35年も前にはるばるドイツから父が持ち帰った代物。
d0154679_07770.jpg
どういうわけか嫁入り道具として私のキッチンに鎮座している筋引き包丁。
これは万能ではないのですが、私にとっては大切な道具。
皮付き鮭のマリネを薄くスライスするときなど活躍します。




昔からドイツのゾーリンゲン地方は刃物で有名なギルドがあったところ。
あの有名な双子のロゴ 「ツヴィリング」が登録されてから、
今年はなんと280年目の当たるという。
その記念行事でモニターに選出していただいた。
今日から、この包丁も仲間にお料理しましょう。

何十年もたって新たな包丁手にして、緊張!
では無く握った感じがなんだか懐かしい。
つまり違和感なく、長年使っている包丁と同様、抜群のフィット感。
d0154679_08968.jpg




私は主に野菜乾物中心に使用するのが鋼包丁。
肉や魚にはステンレス。その理由は「臭い」。
ステンレス包丁であれば使用後の洗浄も容易に生臭さがとれると言うもの。

それにしても、我がキッチンに残っているステンレス包丁
驚いたことに本当にツヴィリングばかり。双子マークです。
今まで「ヘンケル」と勝手に呼んでいた双子ちゃん。
実は『ツウィン』等と呼ばれ正式には『ツヴィリング』 ZWILLING J.A. HENCKELS
だそうだ。d0154679_1311539.gif






確かに、デパートなどではお一人様ロゴ
(しかもHECKELSと名前入)を見かける。
いつも不思議に思っていたのが、
ここに来て別ブランド『エイチ・アイ』J.A.HENCKELS INTERNATIONA
であることを知りました。d0154679_1311963.gif






『ツヴィリング』と『エイチ・アイ』は別ブランド。

『ツヴィリング』は創設以来独自の製鋼技術を持、クラフトマン技術の上に成り立つ美しく高品質の商品を
送り出すブランド。

そして、『エイチ・アイ』はグループの扱う商品をよりファッショナブルにより身近に使える商品を扱うブランドであるとのことだった。


ポチッと有難うございます。
いつもあなたの1クリックが励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


 
[PR]
by mellinda | 2011-07-22 19:53 | Comments(0)

那須からご帰還

はい、mellinda 少々休暇をいただき。
友人の別荘へ。

考えてみると
GWって今までまったく関係ない生活していたな~。
しかも最近では介護旅行ばかり。
なので、この様に別荘へ誘ってくれる
幼馴染に感謝感謝です!


気持ちよく森林浴でリフレッシュ。
今回はちょっと足を伸ばし沼原湿原へ
d0154679_2220838.jpg

この道の先に広がる大きな湿原から那須連山を望む
d0154679_2219584.jpg

わずか動きのある水中にはサンショウが産卵している・・・(写真中央)
それも、ここ・かしこに
d0154679_22201018.jpg

お行儀よく並ぶ卵
d0154679_22453110.jpg


そして芽吹く植物は
d0154679_22551213.jpg


ザゼンソウと
d0154679_2255406.jpg


ニッコウキスゲ?か花ショウブ?
d0154679_22583150.jpg



車を降りてこの湿原への入り口隣には調整池があった。
木々の間から自然を満喫する私たちの目に
飛び込んできたすり鉢のような平面
水が今無いので不自然な物体がいったい何なのか?
瞬時把握できなかった。

さて、この後は
板室温泉へつづきます。





ポチッと有難うございます。
いつもあなたの1クリックが励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


[PR]
by mellinda | 2011-05-05 23:10 | Comments(0)

ブーケはいかが?



ほぼ一週間分思い出し作業終了
やっと落ち着いたのですが・・・。
昨日のmellinda は
シンガポールからタイフーン姉さま帰国中でおイソガシ
朝・昼作ってあわててお出かけ。
写真写すのを忘れました。

そんな日には
きれいなお花
いかがでしょう

d0154679_17191048.jpg



ポチッと有難うございます。
いつもあなたの1クリックが励みになります。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

[PR]
by mellinda | 2011-02-09 17:24 | Comments(0)

生ニシンめ~っけ♪

2011.1.27   朝




d0154679_23573352.jpg


春のお魚ニシン
なかなか新鮮なものは手に入らない
そんな新鮮ニシンをご近所で発見
先ずはマリネに1尾ご購入

鮭の様に容易に入手できず
自家製はほぼ諦めムード
北欧からの輸入物便りでしたが
この時期だけでもフレッシュが手に入ると嬉しい。
春のお魚ニシン
今しばらく続きそう。

塩で〆てからマリネするので2日掛かり
試験購入のニシン最後のお味見でした。





d0154679_23561321.jpg


d0154679_23564586.jpg
 
d0154679_2357765.jpg
 
  • 野菜スープ

  • ニシンのマリネと胡瓜もみ・人参グラッセ・グリーンオリーブ

  • パン

  • ヨーグルトとリンゴのコンポート

  • ノニジュース

  • (1人前)
    1穀 類 3 パン60g(2)    
    2果 物 (1) リンゴ70g・ノニジュース(1)
    3肉魚チ 1  ニシン40g(1) 
    4牛乳類 (1) ヨーグルト(0.7)     
    5油 脂 (1)   
    6野 菜 0.3  胡瓜・人参・オリーブ計50g、スープ(人参・キャベツ ・玉ネギ・ズッキーニ計80g) (0.43)  
    7調味料 (0.6)砂糖小匙1(0.33)      
      5.46単位
      437kcal





    ポチッと有難うございます。
    いつもあなたの1クリックが励みになります。
    にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
    にほんブログ村







    1クリックいただくと10カロリー減?

    [PR]
    by mellinda | 2011-02-06 20:53 | Comments(0)